がん転移と再発を防止隊~正しい知識でがん克服~

女性特有のがん

先生

女性特有のがんとして、子宮がんと卵巣がんがあります。卵巣がんに関しては出産や妊娠によって、がんになるリスクが少なくなるといわれています。がんは転移しやすいので、違和感を感じたら検査をして、早期治療に取り組むことが大切です。

詳細を確認する...

胆管がんを防止する

病院

胆道がんは胆管がんと胆のうがんの総称です。胆道がんは早期発見が困難であり転移がしやすいがんです。胆道がん防止には高脂肪食を避け、栄養に富んだ食事にを心がけ、適度な運動をすることが効果的だと言われています。

詳細を確認する...

前立腺がんと転移

病院

前立腺がんは精液製造に関わる前立腺に出来るがんで、男性特有のものです。がんの原因はまだ判明していませんが、遺伝や高齢化、食生活の欧米化の影響を受け発生すると考えられています。転移は骨や骨盤に起きやすい傾向があります。

詳細を確認する...

がんに対抗する治療法

先生

人がなってしまう病気は様々ですが、特にがんになってしまう人は少なくないでしょう。がんは通常の細胞が正常に働かないがん細胞化することで引き起こされます。がんの種類は多岐に渡ります。卵巣がんや前立腺がんといった性別によって特有のがんもあれば、胆のうがんや胃がんなど男女問わずなるがんもあります。がんは原因となる病巣を取り除いても転移や再発を起こしてしまう病気です。がんについての正しい知識を身に付け、がん予防や再発と転移を防止することが大きな課題だといえます。

がんの再発や転移を予防するために、病院では患部を取り除く外科手術、転移の可能性を小さくする放射線治療や抗がん剤治療があります。これらの治療を組み合わせて、がんの再発や転移を予防してゆくのです。病院治療以外にも東洋医学の観点を取り入れた漢方や鍼灸により体質を改善したり、生体機能や免疫機能を高めることによってがんの再発や転移を予防するという考え方もあります。また、細胞の老化ががんの発生の原因と捉え、健康食品やサプリメントで体内の抗酸化力を高め、がんの予防をしようというやり方もあります。自分の年齡や体質に合った方法を選びましょう。

様々な予防策を練り実行しても、がんが転移してしまったり、再発してしまう場合はあります。再度手術による切除を行なうのか、転移している部分を総て切除可能か、がんを切除した後に元の生活に復帰出来るかどうかきちんと見極める必要があります。実績のある信頼できる医師が所属する病院を選択することが大切でしょう。医院によっては免疫機能を高めがんを治療する免疫療法という選択肢もあります。鍼灸や漢方、サプリメントなどを併用し、がんの症状を和らげたり、転移や再発予防に役立つこともあります。